認定ハラスメント相談員資格取得のニーズと通信教育講座・難易度まとめ

認定ハラスメント相談員資格在宅受験できる資格

スキルアップ系

事業主はハラスメント対策として「ハラスメント相談窓口の設置」と「ハラスメント相談員(カウンセラー)の配置」は、必須の措置となりました。

ただ、現在の状況調査によると相談窓口の利用率は12.2%と低く、信頼性の高い相談員の増員と育成が急務になっています。今後、資格を取得したハラスメント相談員の需要はますます高まっていきます。

認定ハラスメント相談員の資格って?

認定ハラスメント相談員の資格・スキルって?

ハラスメントを受けたと感じている人は、多くの場合、どのように対処すれば良いか分からず戸惑っていたり困惑していたりします。

そのため、ハラスメント相談員は勇気を出して相談しに来てくれた相談者の不安や緊張を和らげて、気持ちに寄り添い話しやすい雰囲気をつくることが大切です。

認定ハラスメント相談員の難易度と特長

認定ハラスメント相談員の資格・スキルって?

ハラスメント相談員・ハラスメント相談窓口の設置は事業主の義務になり、適切な対応ができる人材へのニーズが急速に高まっています。

SNS等での問題の拡散など社会環境の変化と合せて、ハラスメントに関する正しい知識をもった人材が求められるようになっています。

認定ハラスメント相談員の特長

特長まとめ

  • ハラスメント相談員の配置は、事業主に求められる必須の措置となっており、必要とされる人材になれる。
  • ハラスメント相談窓口への信頼性向上が社会的課題となっており、資格取得者へのニーズが高まっている。
  • 職場環境の改善にやりがいを感じられる。

設置が事業主の「必須の措置」とされた一方で、ハラスメント相談窓口の信頼性の高さが課題となっています。

せっかく設置した相談窓口でも、相談に来ずに問題が拡大してしまうようなことがあっては意味がありません。

そのため、ハラスメント対応・ハラスメント相談に適切に対処できる、資格を取得した優秀な相談員の育成は、どの企業でも急務になっています。

また、風通しの良い職場環境をつくることに役立つスキルでもあり、やりがいを感じられる資格・スキルでもあります。

認定ハラスメント相談員の難易度

主な資格認定ハラスメント相談員I種
難易度1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安1ヶ月
費用目安2.5万円
試験在宅受験
認定機関全日本情報学習振興協会
>> 概要を確認 <<

ハラスメント相談員資格は、オンラインで合計約10時間程度の講義を受講した上で、オンラインで受験することができます。

社会的に必要性の高まる資格で、働きながらでも勉強しやすい環境が整えられている資格と言えます。

認定ハラスメント相談員の資格を取得すると?

認定ハラスメント相談員の資格・スキルって?

相談者から「気持ちを分かってもらえない」「この人に相談しても意味がない」と感じられると、場合によっては「弁護士」や「労働局」等の外部機関への相談や、マスコミに訴えるといったケースに問題が拡大してしまうことも考えられます。

また、ハラスメント行為をしたとされる者に対しても、一方的な決めつけや最初から加害者扱いすることは禁物です。

認定ハラスメント相談員の資格取得を通じて、こうしたハラスメント対応に必要な知識やマインドとスキルを身に付けることができます。

ハラスメント相談員は中立的な立場で丁寧に話を聞いて、事実を正確に把握することに務めます。

自分の価値観や意見を押し付けることのないように、決めつけや偏見のないように事実を把握していきます。

相談者を責めるような態度や言葉遣いは避け、丁寧な聞き取りを行います。

また、逆にハラスメントの行為者とされた方に対しても、はじめから加害者扱いしないようにすることも大切です。

第三者へのヒアリングも行い、丁寧な事実確認に努め問題に向き合う真摯な姿勢で解決に導いていくことが求められます。

こうした、一連の手順とスケジュール設定、ヒアリングの際の傾聴の姿勢などを体系的に身に付けることができるのが認定ハラスメント相談員です。

認定ハラスメント相談員の資格取得のための勉強って?

認定ハラスメント相談員資格の取得には、認定機関である全日本情報学習振興協会のオンライン講座の受講がおすすめです。

合計で10時間程度の講座受講と、WEB受験で資格の取得ができます。

費用も比較的安価で、履歴書にも書けて実際に役立てやすい資格の取得が出来ます。

認定ハラスメント相談員の資格取得の学習にかかる期間

  • 約1ヶ月。
  • 最短で1日程度。

認定ハラスメント相談員の資格取得の学習にかかる費用

  • 約1万5,000円程度。

認定ハラスメント相談員のおすすめオンライン教育講座

認定ハラスメント相談員資格取得に、おすすめのオンライン教育講座をご紹介します。

働きながら学んだり、転職・再就職活動しながら勉強するのにも、家でできるオンライン受講はおすすめです。

1スマホ・タブレットで勉強できてスキルアップ!

これからのビジネス・シーンに必須のハラスメントに関する知識を、スマホ・タブレット・パソコンなど、オンラインで学べる。通勤時間・お昼休みなどスキマ時間で学習してスキルアップできる。
認定ハラスメント相談員/SMART
料金16,800円→11,800円
無料体験講座を無料視聴可能
動画講義5時間50分
運営会社全日本情報学習振興協会
無料体験WEB教材在宅受験Web模擬試験

おすすめポイント

ハラスメント対策の必要性や、職場におけるハラスメントの理解、ハラスメントを防止するために事業主が講ずべき措置など基本から勉強することができます。

また、ハラスメント相談対応時や対応後の流れなど、ハラスメント相談員の実務についても詳しく学び、相談制度の意義と役割を身に付けます。

受講内容から、働きながら受講する方が大半になることを想定した、学習しやすいシステムとカリキュラムで効率的に勉強し資格の取得が目指せるオンライン通信教育講座です。

2スマホ・タブレットで勉強できてスキルアップ!

職場におけるハラスメントマネジメントを体系的に身に付けられるオンライン通信教育講座。スマホ・タブレット・パソコンなどで、通勤時間・お昼休みなどスキマ時間で学習してスキルアップ。
ハラスメントマネージャーⅠ種/SMART
料金16,800円→11,800円
無料体験講座を無料視聴可能
動画講義6時間30分
運営会社全日本情報学習振興協会
無料体験WEB教材Web模擬試験

おすすめポイント

ハラスメント問題は、深刻化すると被害者と加害者の個人的な関係に留まらず、企業を巻き込んだ訴訟などに発展し重大なダメージを与えかねない事案になってしまうこともあります。

ハラスメント事案がSNSや転職サイトなどで拡散することで、企業の信用やブランドイメージを損ねたり、営業活動・人材採用に大きなマイナスになってしまうケースも発生しています。

ハラスメントマネジメントは、このような「ハラスメントのリスク」を宰相化するための管理活動(マネジメント)であり、現在の企業活動では急速にその重要性が高まっています。

このオンライン通信教育講座では、ハラスメントマネジメントの実務能力を身に付け、適切に問題に対応できる知識とスキルを学ぶことができます

受講内容の性格から働きながら受講する方が大半になることを想定した、学習しやすいシステムとカリキュラムで効率的に勉強し資格の取得が目指せるオンライン通信教育講座です。

認定ハラスメント相談員に興味のある人がチェックしているスキルアップ系の資格・スキル

ダイバーシティ・アテンダント
ダイバーシティ・アテンダントは、販売・小売業界、飲食業界、観光業界、介護業界など幅広…
事務技能
多くの業務・仕事が機械化自動化される中、人間にしかできない心遣いや細やかさが求められ…
ビジネス実務法務検定3級
ビジネス実務法務検定は東京商工会議所が主催する資格で、コンプライアンス(法令順守)能…

スキルアップ系の資格・スキルの取得は、現在働いている職場や業界での自分の市場価値をプラスできます。

職場でより活躍することができることから、仕事の幅が広がり楽しく充実して働けることにもつながります。また、いざというときの解雇対象から外れたり、就転職の際のアピールに有利に使うことが出来ます。

スキルアップできるおすすめ資格一覧!取得で使えるスキルを身に付ける
スキルアップ系の資格取得を通じて、どの職場でも通用するスキルを身に付けることは不況に備えて自分を守ることにつながります。今できることをブラッシュアップしたり、できることをプラスするのにおすすめの資格を一覧でまとめました。また、個人情報保護法の全面施行やコンプライアンス意識の高まりなど社会情勢の変化に対応できるスキルを身に付けることは自分の市場価値を高めるのに有効ですよ。
タイトルとURLをコピーしました