ダイバーシティアテンダント資格取得の難易度は?サービス業におすすめ

おすすめ資格「ダイバーシティ・アテンダント」

ビジネス系

不況に強いダイバーシティ・アテンダントの資格で備える

おすすめ資格!ダイバーシティ・アテンダントとは?

ダイバーシティ・アテンダントってどんな資格?

ダイバーシティ・アテンダントは、販売・小売業界、飲食業界、観光業界、介護業界など幅広いサービス業界で働く方が、“特性のあるお客さま”にも快適なサービスを提供することができる方法が身に付く資格です。

サービスの現場に来店される多様なお客さまたちに、快適なサービスが提供できるスキルとマインドを修得し、お客さますべてに楽しくサービスを利用していただくとともに、不要なクレームを未然に防ぐのにも役立ちます。

ダイバーシティ・アテンダントの難易度と特長

ダイバーシティ・アテンダントの特長

  • 小売・販売・飲食・観光・介護・保育など、さまざまなサービス業界で働く方におすすめの資格です。
  • 様々な特性をお持ちの方に快適なサービスを提供できる知識と技能が身に付き、不要なクレームを回避するためにも役立ちます。
  • これからのサービス産業や職場内の環境に必要不可欠なダイバーシティに関するスキルとマインドが身に付きます。

ダイバーシティ・アテンダントの難易度

資格 ダイバーシティ・アテンダント
難易度 1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 1ヶ月
費用目安 2万円
試験 在宅受験
認定機関 一般社団法人ダイバーシティ・アテンダント協会
>> 無料資料請求 <<

ダイバーシティ・アテンダントの仕事内容って?

不況に強い資格!ダイバーシティ・アテンダントの業務内容は?

「ダイバーシティ」とは直訳すると「多様性」や「相違点」のことで、性別・年齢・学歴・職歴・人種・国籍・宗教などの多様さに対して差別のない対応、処遇といった意味で使われます。

子供から目を離せない親御さん、速く長く歩くのが困難な高齢者、動きに制限がある妊婦、見えない、聞こえない、車いすを使う障碍者、日本語の案内板が読めない外国人など、街を歩く2人に1人が、なんらかの不便を抱えているとも言われます。

こうした不便さを理解したスタッフが、多くの「多様性を持ったお客さま」に快適なサービスを提供できれば、多くのリピーターとなってまた訪れてくれます。また、逆に間違った対応を行うとSNSなどで口コミが瞬く間に広がり、大きなダメージを受けてしまう時代でもあります。

こうした様々な多様性に適切に、快適なサービスが提供できる知識と技能を持っていることを証明できる資格として「ダイバーシティ・アテンダント」が注目されています。

ダイバーシティ・アテンダントの資格を取得すると?

ダイバーシティ・アテンダントは、「なぜあの人は怒ってしまったのだろう?」「なるほど。こんな些細な配慮でも、こんなに喜んでくれるんだ!」といった、自分と違う不便さをもっている方の本当の気持ちを理解し、相手の立場を理解することが大切です。

それは、重大な障碍に対してだけではなく、高齢者や妊婦、お子様連れのご家族など一般的な「特性」に対しても同じことが言えます。

そのため、販売や飲食・観光業界だけでなく、保育業界・介護業界の方が修得・取得を目指されることも多い資格で、現代社会で皆が快適に働く上で必要不可欠な知識でもあり、就職・転職の際にもアピールすることができます。

ダイバーシティ・アテンダントの資格取得のための学習

ダイバーシティ・アテンダントの資格取得の学習にかかる期間

  • 約1ヶ月程度。
  • ダイバーシティ・アテンダントの資格取得の学習にかかる費用

  • 2万円程度。
  • ダイバーシティ・アテンダントの資格を取得した就職・転職って?

    ダイバーシティ・アテンダントの資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • 小売業界
  • 飲食業界
  • 観光業界
  • 保育業界
  • 介護業界
  • ダイバーシティ・アテンダントに関する参考リンク