秘書検定の合格率と難易度や仕事内容!資格の認定機関は?

おすすめ資格「秘書検定」

ビジネス系

不況に強い秘書検定の資格で備える

秘書検定ってどんな資格?

秘書検定は、日常業務の効率化やビジネスの重要な場面でも役立つ内容が試験になっており、試験対策で学ぶことが自然と社会人スキルが身につく資格として、企業からも高い評価を受けている資格です。就職を目指す高校生や大学生、転職を目指す社会人、社会復帰を目指す主婦やシニアの方にもおすすめな資格です。

スケジューリングやファイリングの基礎知識、社会人マナーや文書作成の技術など、当たり前のようでキチンと身に付けている人が少ない社会人スキルを体系的に学ぶことが出来ます。

また、検定試験では経営学や基本的な会計に関わる知識も学ぶ必要があり、業界を問わず活用できる資格・スキルとして面接やエントリーシートでアピールポイントになる資格です。

秘書検定の難易度と特長

秘書検定の特長

  • 基本的なビジネスマナー・日常業務(スケジューリング、ファイリングなど)に関する知識が身につく。
  • キャリアアップやビジネスに役立つ資格の取得を目指す方におすすめ。
  • 就職活動中の高校生・大学生や、転職・再就職をお考えの社会人・主婦の方の就職活動に役立つ資格です。

秘書検定の難易度

資格 秘書技能検定
難易度 1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 3ヶ月
費用目安 1.3万円
合格率 60%
認定機関 財団法人実務技能検定協会
>> 無料資料請求 <<

秘書検定の仕事内容って?

不況に強い資格!秘書検定の業務内容は?

秘書は、スケジューリング・ファイリングなどの事務処理はもちろん、人間関係の機微ひ触れる調整・折衝・交渉まで、多彩な才能が求められる職種です。多忙な上司の業務を的確にサポートできる秘書は、貴重な存在として重宝されます。

秘書として必要とされるスキル・能力と知識を持ち合わせていることが証明できる秘書検定は、秘書を目指す方だけではなく会社員としてのビジネスマナーを身に付けたい方にも最適な資格のひとつです。

秘書検定の資格を取得すると?

秘書の求人は経験不問のものも多く、資格や免許がないと就けない仕事ではありませんが、秘書検定を取得しておくと自分の能力や意欲のアピールとしては有効です。

また、秘書と言うと女性のイメージを持たれる方も多いですが、たとえば国会議員の秘書は男性の方が多いなど、男女を問わず需要のある職種です。

また、近年では正社員だけではなく派遣社員での秘書の求人も増えて来ています。

秘書検定の資格取得のための学習

秘書検定の資格取得の学習にかかる期間

  • 3ヶ月程度。
  • 秘書検定の資格取得の学習にかかる費用

  • 1万円程度。
  • 秘書検定の資格を取得した就職・転職って?

    秘書検定の年収

    300万円~500万円

    秘書検定に関する参考リンク