通関士の受験資格と難易度は?仕事内容と最短おすすめ講座で不況に備える

おすすめ資格「通関士」

ビジネス系

不況に強い通関士の資格で備える

通関士ってどんな資格?

通関士は企業の輸出入の際の通関手続きを担うスペシャリストで、貿易には欠かせない人材です。輸出するメーカー・製造業界、輸入する小売・卸売業界など、あらゆる業界・業態・業種の企業が輸出入に関わっています。

どんな不況でも全く輸出入が途絶えるということのない貿易立国日本で、唯一の国家資格である通関士は需要が高く不況に強い資格・スキルです。

また「通関士」は、財務省の資格試験に学歴・年令・経歴・国籍などの制限はなく、未経験からでもチャレンジできる資格・スキルです。

通関士の難易度と特長

通関士の特長

  • 輸出入業者のお客様に貢献できているという、満足感が魅力の「通関士」資格。
  • 物流業界・貿易業界では唯一の国家資格(財務省)で、通関士の資格を持っていると有用な人材と評価されます。
  • 海外を相手に専門性が高く、世界的にグローバルな仕事が出来ます。

通関士の難易度

資格 通関士
難易度 3 / 10
資格取得の難易度資格取得の難易度資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 9ヶ月
費用目安 3万円
合格率 15%
認定機関 国家資格
>> 無料資料請求 <<

通関士の仕事内容って?

不況に強い資格!通関士の業務内容は?

通関士は、様々な企業が行う通関手続きの代理代行や、税関への申請を代行するのが主な業務内容になります。企業の取引書面の内容を規制や法令に照らしてチェックし問題がないかを確認し、税関に正確な申告ができるようにします。

現在のコロナ騒動で物流は停滞気味ですが、資源に乏しく貿易立国の日本。貿易・輸出入なしでは存立することが出来ず、また世界的なサプライチェーンの再編も予想されることから、通関士は今後も必要とされる資格・スキルです。

通関士の資格を取得すると?

各種企業の通関作業を代行する「通関業者」や、通関部門を持つ商社などに勤務する方がほとんどです。

現在は世界的なサプライチェーンやヒト・モノ・カネの流れが混乱していますが、やがてサプライチェーンの再編や回復に伴い、輸出入の取扱高が増加傾向に転じる見込みで、また、貿易関係では唯一の国家資格であり「貿易のエキスパート」として重宝されます。

通関士の資格取得のための学習

通関士の資格取得の学習にかかる期間

  • 9ヶ月程度。
  • 通関士の資格取得の学習にかかる費用

  • 3万円~
  • 通関士試験(国家資格)の受験料は3,000円

    通関士の資格を取得した就職・転職って?

    通関士の資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • 通関業者
  • 商社などの通関部門
  • メーカーの通関部門
  • 百貨店などの小売業界の通関部門
  • 税務事務所
  • 税に関するコンサルタント
  • 通関士の年収

    通関士の年収は、約420万円程度です。通関士は独立開業できず会社員として勤務している場合がほとんどです。

    通関士に関する参考リンク