簿記2級3級の難易度と合格率!資格取得でスキルアップ・転職を有利に

おすすめ資格「日商簿記2級・3級」

ビジネス系

不況に強い日商簿記2級・3級の資格で備える

日商簿記2級・3級ってどんな資格?

経理系の資格・スキルとして有名な「日商簿記」ですが、簿記の知識が必要なのは経理を目指す人だけではありません。

簿記は企業の規模や業種・業界・業態を問わず、すべての企業で日々の経営活動を記録し、計算し、整理するために必要な資格・スキルです。それによって経営と財務の状態を数値化して明らかにします。

そのため、ビジネスの基本であるコスト感覚が身につき、経理部門だけではなく、コスト管理の必要な製造部門や、取引先の経営状態を把握できればアドバンテージになる営業部門でも役立てることができる資格・スキルです。

日商簿記2級・3級の難易度と特長

日商簿記2級・3級の特長

  • 簿記は業種・業界・業態を選ばず、あらゆる企業のすべてで必要とされる資格・スキルです。
  • 簿記を学ぶとコスト意識が自然と身につくため、経理部門だけではなく、営業部門や製造部門でも必要とされはじめました。
  • さらにスキルアップを目指して簿記1級に合格すれば、税理士試験の受験資格が得られるなど、キャリアアップが図れるのも特長のひとつです。

日商簿記2級・3級の難易度

資格 日商簿記3級
難易度 1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 3ヶ月
費用目安 4万円
合格率 55%
認定機関 日本商工会議所
>> 無料資料請求 <<

日商簿記2級・3級の仕事内容って?

不況に強い資格!日商簿記2級・3級の業務内容は?

簿記3級を取得できるレベルの知識とスキルが身につくと、経理・財務関係の書類を数字から読み取ることが出来るようになります。取引先企業の経営状況を炊事から把握できるスキルとして、営業部門や管理部門でも、必須の知識として評価する企業が増えてきています。

簿記2級では、財務諸表を読み取り経営状態を把握できるレベルになり、経理部門への就職・転職を目指すなら2級まで取得しておくのが望ましいとされています。

日商簿記2級・3級の資格を取得すると?

簿記を学ぶと、正しく帳簿をつけられるようになり、費用や収益率を意識できるようになりますので、どんな職種でも重宝される資格・スキルです。

日商簿記2級・3級の資格取得のための学習

日商簿記2級・3級の資格取得の学習にかかる期間

  • 日商簿記3級のみを目指すなら、3ヶ月程度。
  • 2級・3級ともに取得を目指すなら、6ヶ月程度。
  • 日商簿記2級・3級の資格取得の学習にかかる費用

  • 3万円~7万円程度。
  • 日商簿記を学ぶための書籍は多数出版されており、独学で資格取得に挑まれる方も大勢いらっしゃいます。その場合は書籍代と受検代金のみになります。
  • * 初心者の方は通信講座などを受講した方が、分かりやすくて効率的に資格取得することができます。
  • 日商簿記2級・3級の資格を取得した就職・転職って?

    日商簿記2級・3級の資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • 経理・財務部門
  • 営業部門
  • 製造部門
  • 日商簿記2級・3級の年収

    簿記2級を取得すると、実務経験によって幅がありますが約300万円程度の年収となります。

    実務未経験者で約250万円程度、3年以上の実務経験を積むと約650万円程度になります。

    日商簿記2級・3級に関する参考リンク