薬局事務の資格を取得して不況に備える!難易度と覚えておくこと

おすすめ資格「薬局事務」

医療薬剤系

不況に強い薬局事務の資格で備える

薬局事務ってどんな資格?

薬局事務とは、調剤薬局で調剤録と調剤報酬明細書(レセプト)を作成する資格・スキルです。資格で言うと「医療保険調剤報酬事務士」という資格の取得を目指します。

医療機関は生活に必要不可欠な施設ですので、好況・不況の影響をあまり受けません。また、高齢化の進行にともなって、病院や診療所のニーズも高まっており、調剤薬局の数は増え続けていて、薬局事務のスキルを持った人材は常に求められています。

薬局事務の難易度と特長

薬局事務の特長

  • 薬局事務は、短期間での就職・転職を考えている方におすすめ。
  • 調剤薬局は「短時間でもOK」の求人も多く、時間に融通が効きやすく働きやすい職場が多いです。
  • 薬局事務の仕事の流れは基本的に変化がなく、ライフイベントによってブランクが生じても復帰がしやすい資格・スキルです。

薬局事務の難易度

資格 医療保険調剤報酬事務士
難易度 1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 2ヶ月
費用目安 3.4万円
合格率 非公開
試験 在宅受験
認定機関 医療保険学院
>> 無料資料請求 <<

薬局事務の業務内容って?

不況に強い資格!薬局事務の業務内容は?

薬局事務は、調剤薬局で医師が発行した処方箋に基づいて薬剤師が調合、その際の受付、薬剤料・調剤料の算定を行い、患者の保険負担分の薬代を請求する手続きなどを行います。

コツをつかめば、未経験・初心者でも2ヶ月程度で習得が可能な資格・スキルで、短期間で就職・転職を考えている方にはオススメの仕事です。

薬局事務の資格を取得すると?

調剤薬局での勤務が人気なのは、バツグンの働きやすさにあります。「午前中だけでもOK」「短時間OK」「月末月初だけ」といった求人募集も多く、自分の都合に合わせて短時間に働けて、子育てや家事と両立させやすい業界です。

また、「医療保険調剤報酬事務士」の試験は在宅で受けられて、働きながらや家事と並行させながら資格・スキルを身に付けたい方にもおすすめです。

また、ライフイベントによってブランクが生じても復帰しやすいのが薬局事務の特長のひとつです。

薬局事務の資格取得のための学習

薬局事務の資格取得の学習にかかる期間

  • 約2ヶ月
  • 薬局事務の資格取得の学習にかかる費用

  • 約3万円程度
  • 薬局事務の資格を取得した就職・転職って?

    薬局事務の資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • 調剤薬局
  • 薬科のある総合病院・大学病院
  • 薬局事務の年収

    薬局事務の平均年収は約300万円です。「医療保険調剤報酬事務士」の資格を取得すると、給料が高くなりやすい傾向にあります。

    薬局事務に関する参考リンク