事務プロフェッショナル資格の試験内容・日程・履歴書への書き方は?

事務プロフェッショナル資格の試験内容・日程は?履歴書への書き方在宅受験できる資格
  • 在宅受験
  • 随時受験

事務プロフェッショナル資格は事務業務に関する知識・スキルが基本から実用的な内容まで身に付いていることを証明できる資格です。

事務で資格を取得することは強みになる

事務プロフェッショナル資格の資格

事務職に応募する場合に客観的にスキルや経験を証明できる資格を有していることは自分の強み・差別化につながります。

事務職の業務内容は多岐にわたり、一定水準以上の知識とスキルを習得している人材は多くの企業・組織で求められています。

企業研修にも実際に使用されている事務プロフェッショナル資格

事務プロフェッショナル資格の資格

事務プロフェッショナル資格は企業研修にも採用された実績のある、内容に信頼性のある資格です。

社員のスキル評価やスキルアップなどの人材育成に、小売業界・不動産業界・バイオ業界・飲食業界など幅広い業種の企業が役立てています。

また、各種メディアにも注目の事務資格として取り上げられています。

事務職の実務に役立てることができる知識とスキルを身に付けるのにおすすめの資格です。

履歴書に書ける?事務プロフェッショナル資格の有効活用は?

事務プロフェッショナル資格を履歴書や名刺、SNSのプロフィールなどに記載することで事務業務に関する専門的なスキルが身に付いていることを証明しアピールすることができます。

事務に関する職域は広く、誰でもできると思われがちですが実際は企業や組織運営の要になる役割です。

営業職や企画職のように、特大ホームランを打つこともある職種と違い、日々コンスタントに業務をこなすことが求められる事務職では、専門的な知識・スキルが身に付いている人材が企業・組織から重宝されます。

事務プロフェッショナル資格の認定機関は?

事務プロフェッショナル資格を資格認定する日本技能開発協会

事務プロフェッショナル資格は日本技能開発協会が認定している資格です。

日本技能開発協会は各スキルの社会活動における可能性を広げることを目的に、人材育成や個人のスキルアップのために求められる知識・スキルを認定しています。

専門分野のスキルへの興味・関心が社会的に高まる中、人事採用の基準となるほか、社会的に活躍できるためのスキルを基礎から応用まで幅広く身に付けることができます。

日本技能開発協会で認定している知識や技能は企業実務や講演活動、開業など、社会活動での活躍の場を広げることに役立てることができます。

名称一般社団法人 日本技能開発協会
英語表記JAPAN Skill& Ability Development Association
略称JSADA
所在地京都市上京区宮垣町91-102
理事吉田旬弘
事業内容各種資格試験の実施と認定証の発行。
詳細公式サイト

履歴書への事務プロフェッショナル資格の書き方は?

事務プロフェッショナル資格の資格

「一般社団法人日本技能開発協会認定 事務プロフェッショナル資格 合格」と履歴書に記載。

事務技能に関する資格取得の難易度、勉強の期間・費用、年収は?
事務技能を証明できる資格を取得することで今働いている実務にスグ活かせるほか、転職・再就職に活かすことができます。資格取得のための勉強にかかる期間・費用、難易度、また資格取得後の年収や活かせる業種・職種などをまとめました。スキルアップ・キャリアアップに活かせる事務技能資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

事務プロフェッショナル資格取得のメリットは?

事務プロフェッショナル資格の資格

事務プロフェッショナル資格の取得と、取得のための勉強を通じて得られるメリットについてまとめました。

事務業の幅広い知識とスキルを習得することでアドバンテージに。

事務プロフェッショナル資格の資格

事務職の就職・転職には基本的には資格不問であることが多いです。それだけに、事務に関する幅広い知識とスキルを専門的に学び身に付けた証明である事務プロフェッショナル資格を取得していることはアドバンテージになります。

事務職の業務は「誰でもできる」「替えが効く」と考えられることも多いですが、実際は担う業務が幅広く、これらを円滑に進められる知識とスキルを持った事務人材は、どのような企業・組織でも常に必要とされます。

体系的に事務業務を学ぶことで自信と安心に。

事務プロフェッショナル資格の資格

事務職の業務では、コツコツとした日常業務のほか、電話応対や来客応対、メールでの問い合わせ対応など、シーンに応じた業務の性質の変化に対応できることも求められます。

多くの場合は、就職してから、転職してから、配置転換になってから業務のひとつひとつについて体験的に学び身に付けていくことになります。

ですが、事務業務は社内文書の作成や、電話応対・来客応対の手順とポイント、データ入力や管理方法、備品の管理や伝票作成、ファイリングなど多岐に渡ります。

事務プロフェッショナル資格の取得を通じて、これらの業務について体系的に勉強し、効率的な業務の進め方の知識とスキルを習得することで、実際の業務に活かせる事務人材になることができます。

事務職に欠かせない社会人マナー・礼儀を正しく身に付けられる。

事務プロフェッショナル資格の資格

事務職の業務に、電話応対・来客応対やメール対応などの接遇応対業務は欠かせないものです。

事務プロフェッショナル資格の取得を通じて、接遇応対の基盤となる社会人としてマナーや礼儀を学ぶことができます。

オフィスワーク未経験の方の場合、接遇応対についてハードルが高く感じられることも多いですが、スキル(技術)として正しい知識を学んで実践し、慣れてしまえば難しい業務ではありません。

ビジネスシーンに相応しいマナーを身に付けていることは、事務職として高い評価につながります。

実際の事務職の業務の中では、ほかの職種の方(営業職や企画職、製造部門など)から「正しいマナー」について相談されることも多く、適切なアドバイスができることは付加価値の高い事務職を目指す上で欠かせません。

また、正しい社会人マナーを学ぶことは、冠婚葬祭などのプライベートシーンで役に立てることもできます。

事務プロフェッショナル資格のメリット

  1. 事務業の幅広い知識とスキルを習得することでアドバンテージに。
  2. 体系的に事務業務を学ぶことで自信と安心に。
  3. 事務職に欠かせない社会人マナー・礼儀を正しく身に付けられる。

試験内容・日程・事務プロフェッショナル資格試験の難易度などは?

事務プロフェッショナル資格の資格

事務プロフェッショナル資格取得のための試験内容や日程、必要な費用などについてまとめました。

試験内容は?

試験は在宅で受けることができます。送られてくる解答用紙に記入し郵送すると、試験結果がメールで通知されます。

場所や時間を選ばすに試験を受けられるので、仕事に家事に多忙という方でも、スキルアップ・キャリアアップに役立つ資格試験を受けることができます。

試験日程は?

事務プロフェッショナル資格の試験は、いつでも受験することができます。

ご自身のスケジュールや生活サイクルに合わせて、都合の良い時期を選んで試験を受けることが出来ます。

試験・資格の概要

資格名称事務プロフェッショナル資格
試験難易度1 / 10
資格取得の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度
資格概要事務職におけるデータ入力・書類作成・電話応対などの業務全般を円滑に進められる知識とスキルを有していることを証明できます。
受験資格誰でも受験できます。
試験日程随時受験可。
試験会場在宅受験。
受験料11,000円
認定料受験料に含まれる。
合格発表在宅で受験できる解答用紙を郵送後、試験結果がメールで届きます。
資格取得のための学習期間標準的な学習期間は3週間。
認定証試験合格後、2~3週間で認定証(ディプロマ)が届きます。
認定機関一般社団法人 日本技能開発協会(JSADA)
履歴書への書き方「一般社団法人日本技能開発協会認定 事務プロフェッショナル資格 合格」と履歴書に記載。
詳細・問合せ公式サイト

事務プロフェッショナル資格の取得におすすめの通信教育講座

事務プロフェッショナル資格の資格

事務プロフェッショナル資格の取得に向けて、効率よく勉強することができる、おすすめの通信教育講座をご紹介します。

働きながらでも自宅やスキマ時間を活用して、自分のペースで事務業務に関する勉強ができるので、通信教育講座を利用することがおすすめです。

1事務を基礎から学べる!自宅で受講・受験可能な通信教育講座

家にいるまま受講・受験ができて、自分のペースで事務の資格取得できるラーキャリの通信教育講座です。
事務スペシャリスト資格・検定/ラーキャリ
テキスト教材+試験49,500円
分割払い月々5,000円×10回払
最短学習期間3週間
学習期間制限なし
運営ラーキャリ
分割払可テキスト教材在宅受験メールサポート添削可

おすすめポイント

事務職に必要な技能を正しく学べる通信教育講座です。

書き込みがしやすく、繰り返し確認できるA4サイズのオリジナルテキストで勉強できます。

持ち運びにも便利なので、お昼休みなどのちょっとした空き時間も利用して勉強できるところが好評です。

在宅受験で取得できる資格の有効活用は?

事務プロフェッショナル資格の資格

事務プロフェッショナル資格の特長として、自宅で受験できる在宅受験で取得できるところがあります。

試験会場に足を運ぶ必要がなく、平日や土日、自分のスケジュールで受験し資格を取得できることで、現在働いていて忙しいという方や、家事の合間の主婦や、就職活動中の学生などでも、場所や時間に左右されずに試験を受けることができます。

自宅で記入した試験の解答用紙を郵送し、試験結果はメールで通知されます。

合格すれば2~3週間で認定証(ディプロマ)が発行され、履歴書に書いて就職・転職活動に活かしたり、実務に役立てることができます。

家でできる資格取得!在宅受験できるおすすめの資格一覧と難易度
在宅受験可能な資格で「おうち時間」を有効活用しましょう。学習も試験も自宅で完結するので、気兼ねなく将来に備えることができます。転職・就職の際には履歴書に書くことも出来て、スキルを証明するのに有利になりますよ。

試験がいつでも受けられる随時受験可能

事務プロフェッショナル資格の資格

事務プロフェッショナル資格は、いつでも受験できる随時受験が可能です。

「年1回の試験に合せて勉強して…」といったことがなく、自分の生活リズムやスケジュールに合わせてスキルアップ・キャリアアップのための勉強と資格取得ができます。

最短で資格取得が目指せて、これからの就・転職活動に役立てたいという方にもおすすめの資格です。

事務プロフェッショナル資格の取得・学習に必要な経費の合計は?

事務プロフェッショナル資格の資格

事務プロフェッショナル資格の取得と勉強に必要な経費をまとめました。

クレジットカード決済で分割払いにすることも可能で、無理のない支払いが可能なところも特長です。

資格取得・学習への必要経費
資格名称事務プロフェッショナル資格
通信講座受講料38,500円
受験料・認定証11,000円
必要経費総額49,500円
  • 分割払いの場合、5,000円×10回。
  • 試験のみの受験も可能。
  • 不合格時の再受験料は5,000円。

事務プロフェッショナル資格に興味のある人がチェックしているスキルアップ系の資格・スキル

ダイバーシティ・アテンダント
ダイバーシティ・アテンダントは、販売・小売業界、飲食業界、観光業界、介護業界など幅広…
認定ハラスメント相談員
事業主はハラスメント対策として「ハラスメント相談窓口の設置」と「ハラスメント相談員(…
ビジネス実務法務検定
ビジネス実務法務検定は東京商工会議所が主催する資格で、コンプライアンス(法令順守)能…

スキルアップ系の資格・スキルの取得は、現在働いている職場や業界での自分の市場価値をプラスできます。

職場でより活躍することができることから、仕事の幅が広がり楽しく充実して働けることにもつながります。また、いざというときの解雇対象から外れたり、就転職の際のアピールに有利に使うことが出来ます。

スキルアップできるおすすめ資格一覧!取得で使えるスキルを身に付ける
スキルアップ系の資格取得を通じて、どの職場でも通用するスキルを身に付けることは不況に備えて自分を守ることにつながります。今できることをブラッシュアップしたり、できることをプラスするのにおすすめの資格を一覧でまとめました。また、個人情報保護法の全面施行やコンプライアンス意識の高まりなど社会情勢の変化に対応できるスキルを身に付けることは自分の市場価値を高めるのに有効ですよ。
タイトルとURLをコピーしました