介護事務資格取得の難易度と仕事内容!将来性と需要が高く転職に役立つ

おすすめ資格「介護事務」

保育介護系

不況に強い介護事務の資格で備える

介護事務ってどんな資格?

日本社会の高齢化は今後もますます進行していくことが確実で、介護を必要とされる方が増え続けます。介護業界の需要は今後も安定的に伸びていくことが確実です。

介護事務は、介護保険の請求事務がこなせる人材で資格で言うと「介護事務士」という資格になります。介護事業を行っている施設はどこも介護保険への請求が欠かせず、必ず必要とされる人材です。

介護事務の難易度と特長

介護事務の特長

  • 介護事務は、ニーズの高い事務の資格・スキルを身に付けたい方におすすめ。
  • 高齢化社会の進行に合せて、今後も需要が落ちない介護業界への就職・転職ができます。
  • 介護事務の実務はパソコン操作での介護報酬請求が主な仕事になります。

介護事務の難易度

資格 介護事務士
難易度 1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 4ヶ月
費用目安 3.5万円
試験 試験なし
認定機関 全国医療福祉教育協会
>> 無料資料請求 <<

介護事務の仕事内容って?

不況に強い資格!介護事務の業務内容は?

介護事務は介護保険に対して介護報酬を請求するための介護給付明細書(レセプト)の作成が主な業務になります。

介護報酬の請求はデータ形式での提出が原則として義務付けられており、パソコンの操作が必須になります。介護施設の介護事務コンピューター導入率は100%で、現在は他の業界で事務職に就いている方でも、パソコン操作に馴染のある方にはおすすめの資格・スキルとも言えます。

介護事務の資格を取得すると?

介護業界は今後も成長が確実で、常に人手不足の業界です。不況のときでも介護が必要な方が減るという訳ではないので、安定して職に就くことができる業界であると言えます。

その中でも欠かすことの出来ない介護事務は今後も安定的に求人がある、需要が落ちることのない資格・スキルです。

介護施設にも様々な業態があり、有料老人ホームのほか、デイケア施設や、訪問介護ステーション、また介護に使う器具のレンタルを行っている企業でも、介護報酬の請求業務があるため介護事務の人材は求められます。

介護事務の資格取得のための学習

介護事務の資格取得の学習にかかる期間

  • 約4ヶ月程度
  • 介護事務の資格取得の学習にかかる費用

  • 約35,000円程度
  • 介護事務の資格を取得した就職・転職って?

    介護事務の資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • 有料老人ホーム
  • デイサービス施設
  • 訪問介護ステーション
  • 介護老人保健施設
  • 在宅介護サービス事業所
  • 特別養護老人ホーム
  • 福祉用具レンタル企業
  • 介護事務の年収

    介護事務の平均年収で約320万円~390万円になります。リーダー職や管理職への昇格で、昇給します。並行して「介護福祉士」「ケアマネージャー」などの介護関連の資格を取得した場合は、年収400万円前後になることもあります。

    介護事務に関する参考リンク