ファイナンシャルプランナーの習い事で社会人のスキルアップ!将来性・費用・期間は?

ファイナンシャルプランナーでスキルアップ

社会人におすすめのスキルアップとして、ファイナンシャルプランナーがあります。自分自身貯金入出金管理資産設計などにも活かせ、転職の際などにも活かしやすいスキルのひとつです。習い事としてのファイナンシャルプランナーの概要や、将来性・費用・習得できるまでの期間について、ご紹介します。

ファイナンシャルプランナーの習い事でスキルアップ!

ファイナンシャルプランナーでスキルアップ

習い事で得られるスキルアップの概要

ファイナンシャルプランナーは、個人の資産管理について設計・提案を行うスキルです。

個人や中小企業からの相談に応じて資産に関する情報を分析、ライフイベントに沿って資金計画を立てて提案し、資産設計のアドバイスをすることができます。

資格としては大きく2つあって、国家資格の「ファイナンシャルプランニング技能士(1級~3級)」と民間資格の「AFP・CFP」があります。

ファイナンシャルプランナーとして働いている人の9割は企業内で働いており、独立して専業なのは約1割です。企業内では、金融業界・不動産業界でファイナンシャルプランナーとしてのスキルを活かした仕事をしていることが多いです。

ファイナンシャルプランナーのスキルとしての将来性は?

日本では今、高齢化が待ったなしで特に「老後資金は年金だけでいいのか?」という問題がクローズアップされたように、ライフプランや資産運用の相談をファイナンシャルプランナーにしたいという人が増えています。

株・投資信託・保険・不動産などの知識は独学で習得することが難しく、キチンとした知識を持った人に相談したいという需要が高まっています。

経済分野の国家資格というところが強み

特に「ファイナンシャルプランナー技能士」は「経済分野の国家資格」という点に強みがあります。

また、不安定な経済情勢や、大手企業のリストラ、終身雇用の崩壊など今後ますます個人の経済的なことに関する将来不安が増していくことが予想され、資産を守り増やす方法を学ぶことは大切です。

ただ、仕事に活かせるレベルのスキルアップとしては2級からと考え、3級は自分自身の資産管理用と捉えた方がよいです。

習い事のスタイルと費用の目安

独学で始める方もいらっしゃいますが、通学もしくは通信教育でスクールを受講される場合が多いです。月額10,000~30,000円程度が一般的です。

資格試験の合格を目指すための専門コースなどででは10万円以上する場合もあります。

スキルアップが実感できるまでの期間

ファイナンシャルプランナー技能士3級は自分の資産管理用のスキルアップと考えた方がよく、おおよそ2ヶ月程度の学習機関で習得できます。

仕事としては2級以上の習得が必要と考えた方がよく、年金・保険・不動産など大きく6分野についての専門知識が求められ、仕事としてアドバイスできるレベルに達します。2級の習得には、おおよそ6ヶ月程度はみたほうが良いです。

まとめ:ファイナンシャルプランナーでスキルアップするには

ファイナンシャルプランナーでスキルアップを図る際に気になる、費用や期間、将来性についてご紹介してきました。

波乱含みの経済情勢の中、自分の資産形成に不安な人が増えることが予想されています。

ファイナンシャルプランナーのスキルを持っている人は、今後ますます需要が高まると思われ、転職や就職を考えないといけない場面で、選択の幅が広がります

また、自分自身のプライベートな将来設計にも、とても役に立つスキルです。

ぜひファイナンシャルプランナーでのスキルアップにトライしてみてください!