スキルアップとキャリアアップの違いって!? ブラッシュアップは?

スキルアップとキャリアアップ

社会人になるとよく耳にする言葉として「スキルアップ」と「キャリアアップ」がありますが、その違いはなんなのでしょうか? 簡潔に違いを比較して解説します。

スキルアップとキャリアアップの違い

スキルアップとは、自分のもつ能力をトレーニングによって向上させることを指した言葉です。

ところで、よく似た言葉として「キャリアアップ」がありますが、どう違うのでしょうか?

スキルアップとは?

スキルアップには、技術を向上させるという意味があります。これは広くみなさん認識されている意味かと思います。

ですが、実は見落としがちな意味がもうひとつあります。

新しい能力を手に入れることもスキルアップという言葉には含まれています。トレーニングを通して、自分が今持っていない能力を新しく手に入れるということです。

新しいスキルを手に入れることもスキルアップ

つまり、スキルアップというときには、今持っている能力のブラッシュアップだけではなく、新たな能力や資格を手に入れるといった広い意味で考える方がよいのです。

キャリアアップとは?

それに対してキャリアアップというと、「経歴・職歴・役職」を向上させるという意味になります。

転職の際などには「今より役職が上への転職」「今より規模の大きな会社への転職」といった場合にキャリアアップと呼びます。

こういった意味はスキルアップには含まれていません。

スキルアップがキャリアアップにつながることも

ですが、スキルアップすることで、キャリアアップにつながることはあります。

英会話を習得した(スキルアップ)ところ平社員から主任に昇格できた(キャリアアップ)、または海外との取引があるより大手の会社に転職できた(キャリアアップ)といった場合が該当しますね。

ちなみに「ブラッシュアップ」って?

また、よく似た響きの言葉として「ブラッシュアップ」という言葉もあります。

ブラッシュアップは直訳すると「磨き上げること」を意味していて、通常は「既にある能力・技術・製品の完成度などに磨きをかけて良くする」という意味でつかわれます。

スキルアップに似た言葉ですが、ブラッシュアップという言葉には「いちから始める」という意味は含まれていないことが大きな違いです。

まとめ:習い事でスキルアップからのキャリアアップ!?

スキルアップからのキャリアアップ

ここまでスキルアップキャリアアップブラッシュアップの言葉の意味の違いを解説しました。

社会人の習い事で得やすいのは「スキルアップ」なのではないかと思いますが、スキルアップがキャリアアップにもつながっていることが分かりますね。

ただ、どの「アップ」も仕事や人生を豊かにすることに役立ちそうです。使い分けながら、社会人生活に活かしてみてください。