キャンドルアーティスト資格の試験内容・日程は?副業・プチ開業におすすめ

キャンドルアーティスト資格の試験内容・日程は?履歴書への書き方は?
  • 在宅受験
  • 講師資格

キャンドルアーティスト資格は、キャンドル製作を教える先生として活動できる講師資格です。

カルチャーセンターやスクール、自宅などでのキャンドル教室を開業・副業として講師活動を行うことができます。

次回試験期間は2023年2月20日(月)~25日(土)!1/1(日)受付開始

キャンドルアーティスト資格の次回試験期間は2023年2月20日(月)~25日(土)、申込期間は2023年1月1日(日)~31日(火)で、1/1(日)から受付開始です。(2022年12月20日(火)~25日(日)の試験は申込の受付が終了しました。)

試験は在宅で受験できて、試験月の月末までに答案を提出できればOK! 自分のペースで資格取得を目指せます。

キャンドル講座
無料体験入会金0円ライブレッスンビデオレッスン

リラックスアイテムとして人気のキャンドル作りを教えられる講師資格

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルづくりはロウを湯せんでとかして、クレヨンなどで着色したり、エッセンシャルオイルで香りをつけたりして、型に入れて固まるのを待つだけで作ることができます。

キャンドルの炎の揺らぎには「1/fゆらぎ」と呼ばれるリラックス効果があることから生活のアイテムとして取り入れる方も多く、手作りのキャンドルを作られる方も増えてきました。

キャンドルアーティスト資格は、そういった方にキャンドル作りを教えられるニーズが高まっている知識とスキルが身に付く講師資格です。

履歴書に書ける?キャンドルアーティスト資格の有効活用は?

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルアーティスト資格はキャンドルづくりについて基本的な知識、実践的なスキルが身に付いていることを証明できる資格です。

キャンドル教室での講師活動や、キャンドルアーティストとしてのハンドメイド作家活動に役立てることができます。

キャンドルアーティスト資格の認定機関は?

キャンドルアーティスト資格を資格認定する日本インストラクター技術協会

キャンドルアーティスト資格は、日本インストラクター技術協会が認定する資格です。

日本インストラクター技術協会は、教える力を中心とした技術における各スキルが一定以上の水準を満たしていることを認定する機関です。

開業資格・講師資格として有効であり、また、各スキルを利用する企業や現場において要求される基本的な知識と技術を十分理解し、用途や目的に応じた技術の有効活用を行うことができる人材の育成と、技術者の社会的地位の確立を目的としています。

名称 日本インストラクター技術協会
英語表記 Japan Instrutor Association
略称 JIA
所在地 東京都千代田区二番町5番地2 
詳細 公式サイト

履歴書へのキャンドルアーティスト資格の書き方は?

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルアーティスト資格は履歴書や名刺、プロフィールに書いて活用することができる認定資格です。

履歴書などへの書き方としては「日本インストラクター技術協会認定 キャンドルアーティスト資格」と書きます。

履歴書や名刺、また販売サイトやSNSのプロフィール欄に記載することで、キャンドル製作に関する知識・スキルを学んで身に付いていることがアピールすることができます。

キャンドルアーティスト資格取得のメリットは?

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルづくりは独学でも始めることが出来て、初心者でも手軽に楽しむことができる家でできる趣味です。

キャンドルアーティスト資格取得の勉強を通じて、体系的にキャンドル作りの知識やスキルが身に付き、イメージ通りのキャンドルが作れるようになります。

キャンドルアーティスト資格を取得することのメリットをまとめました。

キャンドル製作の基本から身に付き講師活動が行えるように

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルアーティスト資格取得のための勉強を通じて、キャンドルづくりの主な原料になるワックスの種類や特徴、色や香りづけに必要な材料、また必要な道具・用具、手入れ方法など基本的な知識を身に付けることができます。

また、すべてのキャンドルづくりの基本になるディナーキャンドルづくりや、ジェルキャンドル・スイーツキャンドルづくりなど、キャンドル講師として活動できる知識とスキルを勉強することができます。

生徒さんに教えられる知識とスキルを身に付けることで、自分自身のキャンドル作品もイメージ通りのものが作れるようになりますよ。

キャンドルアーティストとして活動に役立つ知識も身に付く

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルアーティスト資格の習得には、キャンドルの取り扱い説明書の書き方や、ラべリング・ラッピング、安全な灯し方も学ぶことができます。

インターネット販売やイベントブースへの出店、セレクトショップ・カフェへの委託販売など、キャンドルアーティスト活動に役立つ知識・スキルを勉強して自分のものにすることが出来ます。

また、店舗や結婚式の空間装飾、街づくりイベントや庭園の装飾などのイベント装飾など、キャンドルアーティストのとても幅広いフィールドで活躍することもできます。

副業初心者でも参入しやすいキャンドルづくりのスキルが身に付く

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルはハンドメイド作品の販売サイトやイベント販売など、副業初心者でも参入しやすい販路が充実しています。

キャンドルの販売価格は、大きさにもよりますが1つ500円~2,000円ほどが相場で販売することができます。

また、キャンドルはイベントでの販売も盛んです。ライフスタイル系イベント、オーガニック商品のイベント、癒しをテーマにしたイベントなど出店できるイベントが多数あります。

製作したキャンドルを、大切な方へのプレゼントやご自身のリラックス用に購入していただいたり、気に入ってリピーターになってもらえたりしたり、キャンドルづくりの嬉しさもアップします!

キャンドルアーティスト資格のメリット

  1. キャンドル製作の基本から身に付き講師活動が行えるように
  2. キャンドルアーティストとして活動に役立つ知識も身に付く
  3. 副業初心者でも参入しやすいキャンドルづくりのスキルが身に付く

キャンドルで「物作り」の家でできる趣味・習い事!初心者でも簡単♪
家でできる趣味として手軽で人気のキャンドルづくりをご紹介します。初心者でも簡単に可愛らしいキャンドルをつくれて、大人のちょっとした息抜き、子供の自由研究などにおすすめです。

試験内容・日程・キャンドルアーティスト資格試験の難易度などは?

キャンドルアーティスト資格の資格

試験を受けて必要な知識やスキルを身に付いていることを認定してもらうことで、資格を取得することができます。

日本インストラクター技術協会の試験内容・試験日程・難易度など、資格取得に必要な情報をまとめました。

また、日本インストラクター技術協会認定の資格では試験が免除になる場合がありますので参考にしてみてください。

試験の内容は?

キャンドルづくりに必要な基礎知識と技術が身に付いているか試験で問われます。

日本インストラクター技術協会の試験は、在宅で受験できるところが特長で、試験をインターネットで申し込むと受験票・試験問題・解答用紙が送付してもらえます。

試験を自宅や自分の都合の良い場所で受けたあと、同封の返信用封筒で解答用紙を郵送します。

試験会場まで足を運ぶ必要がなく資格が取得できるので、手軽に挑戦できて仕事や家事に忙しいという方でも試験を受けやすい資格です。

試験の日程は?

キャンドルアーティスト資格の試験は偶数月の20日~25日のうち都合の良い日を選んで受けることができます。その月の月末が解答用紙の提出期限になっているので郵送で答案を提出します。

2ヶ月に1度のペースで試験が開催されていますので、スケジュールを合せやすい試験日程です。

キャンドルアーティスト資格の次回試験は令和5年では今後、2023年2月20日(月)~25日(土)に試験があります。

キャンドルアーティスト資格の次回試験の申込み期間は?

2023年2月20日(月)~25日(土)が試験期間になる「キャンドルアーティスト資格」試験の申込期間は2023年1月1日(日)~31日(火)で、申込の受付は1月1日(日)から開始です。

申込〆切は1月31日(日)ですので、申込み忘れにはご注意ください。

また、キャンドルアーティスト資格の試験は在宅受験で、答案等の提出期限は2月28日(日)になっています。試験勉強と受験のスケジュールを組み立てる参考にしてください。

※ 2022年12月20日(火)~25日(日)の試験は申込の受付が終了しています。

合格発表は翌々月10日(4月末に試験を受ければ、6月10日に合格発表)で、日本インストラクター技術協会の専用ページで確認することが出来ます。

試験を免除される条件は?

キャンドルアーティスト資格は、SARAスクールの通信教育講座で「プラチナコース」を選んで受講すれば、卒業課題の提出で試験の免除を受けられます。

プラチナコースを選ぶと試験の受験料+受講料と同額の料金で、100%資格を取得することができます。

試験が苦手という方、家事や仕事に忙しいけれど確実に資格を取りたいという方にSARAスクールのプラチナコースの利用がおすすめです。

試験・資格概要

資格名称 キャンドルアーティスト資格
試験難易度 1 / 10
資格取得の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度試験の難易度
資格概要 キャンドルアーティスト資格は、ベーシックキャンドル・フローティングキャンドル・カップキャンドル・グラスキャンドル・モチーフキャンドル・アロマキャンドルなど、キャンドル製作に関する知識・技術を習得しインストラクターとして他者に教える事が可能だと認定する資格です。資格取得後は講師活動が行えるようになります。
受験資格 誰でも試験を受けられます。
試験日程 2月・4月・6月・8月・10月・12月

  • 令和4年(2022年)12月20日(火)~25日(日) 受付終了
  • 令和5年(2023年)2月20日(月)~25日(土) 1/1受付開始
  • 令和5年(2023年)4月20日(木)~25日(火) 3/1受付開始
  • 令和5年(2023年)6月20日(火)~25日(日) 5/1受付開始
  • 令和5年(2023年)8月20日(日)~25日(金) 7/1受付開始
  • 令和5年(2023年)10月20日(金)~25日(水) 9/1受付開始

偶数月の20日~25日。
答案提出期限は当月末。
前月末までに申込み。

試験会場 在宅受験
受験料 10,000円(税込)
試験合格ライン 70%以上の評価。
合格発表 受験月の翌々月10日。
日本インストラクター技術協会の合否結果照会ページにて合否を確認。
資格認定証 試験合格後、日本インストラクター技術協会の合格者専用ページから申し込み。
認定機関 日本インストラクター技術協会(JIA)
履歴書への書き方 「日本インストラクター技術協会認定 キャンドルアーティスト資格」と履歴書に記載。

キャンドルアーティスト資格の取得におすすめの通信教育講座

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルアーティスト資格を取得するための勉強に、おすすめの通信教育講座をご紹介します。

プラチナコースを選択すると、受講料+試験受験料と同額で試験が免除になって、卒業課題の提出のみで確実に資格を取得することができます。

ひとりでも勉強しやすい、順序だって分かりやすいオリジナルテキストが好評で1日30分の勉強で約半年での資格取得が目指せます。

1キャンドルについてしっかり学べる通信教育講座

キャンドル初心者でも分かりやすいオリジナル教材でキャンドルづくりが学べて、資格も取得できる女性に人気の通信教育講座です。
キャンドル講座
受講料5,9800円
分割払い例5,300円×12回(初回5,457円)、ほか
最短学習期間2ヶ月
標準学習期間6ヶ月(1日30分の学習)
運営SARAスクール
取得できる資格
キャンドルデザイナー資格
次回試験期間は2023年2月20日(月)~25日(土)!1/1(日)受付開始
キャンドルアーティスト資格
次回試験期間は2023年2月20日(月)~25日(土)!1/1(日)受付開始
資料請求無料入会金0円分割払可テキスト教材メールサポート質問回数無制限添削5回

キャンドルづくり通信教育講座のおすすめポイント

SARAスクールの通信教育講座は、キャンドルづくりに必要な道具と使い方、材料、オリジナルキャンドルの製作方法やラッピングまで、初心者でも分かりやすい教材で、基礎から家で学ぶことができます。

長く楽しめる趣味としても、キャンドルアーティストとしてオリジナルキャンドル販売の副業やプチ開業にも、キャンドルづくりの基本から実践まで、自分のペースでじっくり勉強できます。

教室やスクールに通うのと違い、ほかの生徒さんを気にすることなく自分の空き時間を利用して進められるのが、通信教育講座の魅力です。

また、標準学習期間の6ヶ月で学べば月々1万円以下の計算で、一般的なキャンドル教室に通うよりもリーズナブルに学ぶこととができます。

キャンドル通信教育講座の口コミ・レビュー

おうちで自分のオリジナルのキャンドルを作れるようになったことがとても嬉しいです。季節や気分に合わせてキャンドルを作り、インテリアとして飾ったり、お友達へのプレゼントにしたりして楽しんでいます。

キャンドルは手軽にできるオシャレアイテム!講座では基礎から応用まで詳しく学ぶことができ、簡単なものから複雑なものまで作れるようになりました。今では家はオシャレ空間です。

自分の好きなキャンドルを作りたかったので受講しました。知識を身に付けた後でキャンドル製作に進むので、確実にキャンドル作りの実力がつきます。期待以上の講座でした。キャンドル製作キットもついていたので、自分で材料をそろえる必要がないのがいいですね。

在宅受験で取得できる資格の有効活用は?

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルアーティスト資格の特長として在宅受験で取得することができることがあります。

家事に育児に忙しい主婦の方、外出を控えたい方、働きながら資格を取得したい方など、色々な方が挑戦しやすい資格と言えます。

キャンドルづくりを長く楽しめる趣味として身に付けたい方や、副業やプチ開業に役立てたい方におすすめの資格です。

家でできる資格取得!在宅受験できるおすすめの資格一覧と難易度
在宅受験できる資格は働きながら取得を目指したり、家事育児など忙しいなか就転職を目指される方などが取得を目指すのにおすすめです。学習から試験・取得まで家でできるので自分のペースで進められるので、ぜひ活用してみてください。

キャンドルアーティスト資格の取得・学習に必要な経費の合計は?

キャンドルアーティスト資格の資格

キャンドルアーティスト資格の取得に必要な経費をまとめました。

試験のみ受けて資格取得を目指す場合は、受験料のみですが、基本から応用まで学べる通信教育講座を受講しての資格取得がスムーズな資格取得につながります。

また、クレジットカード決済を利用すれば分割払いにも対応しています。

資格取得・学習への必要経費
資格名称 キャンドルアーティスト資格
通信教育講座受講料 59,800円
受験料 10,000円
必要経費総額 69,800円
  • クレジットカード決済で分割払い可能。
  • 通信教育講座には試験免除で2資格取得できる「プラチナコース」あり。
  • 試験だけの受験も可能。
次回試験期間は2023年2月20日(月)~25日(土)!1/1(日)受付開始

キャンドルアーティスト資格の次回試験期間は2023年2月20日(月)~25日(土)、申込期間は2023年1月1日(日)~31日(火)で、1/1(日)から受付開始です。(2022年12月20日(火)~25日(日)の試験は申込の受付が終了しました。)

試験は在宅で受験できて、試験月の月末までに答案を提出できればOK! 自分のペースで資格取得を目指せます。

キャンドル講座
無料体験入会金0円ライブレッスンビデオレッスン

キャンドルアーティスト資格に興味のある人がチェックしている趣味・ものづくり系の資格・スキル

キャンドルアーティスト資格の難易度や試験日程・試験内容、資格のメリット・活かし方などに興味のある方がチェックしているその他の趣味・ものづくり系の資格やスキルの情報をピックアップしました。

羊毛フェルトアドバイザー資格
羊毛フェルトアドバイザー資格は、羊毛フェルト(ニードルフェルト)製作に関する知識・ス…
ニードルフェルトデザイナー資格
ニードルフェルトは、羊毛フェルトを専用の針(ニードル)で少しずつ固めて好きな形に整え…
フラワーアレンジメントデザイナー資格
フラワーアレンジメントデザイナー資格は、フラワーアレンジメントに関する知識を充分に持…

物作り系の資格取得は趣味をもっと楽しんだり、作品のネット販売やセミナー講師など趣味を副業にしたい方にもおすすめです。

体系的に人に教えられるようになる物作りの学びは、趣味を続ける心のハリにもなります。

物作り系の資格取得で趣味をもっと楽しく!続ける心のハリにもおすすめ
物作り系の資格取得で趣味をもっと楽しむ! 趣味・ものづくり系の資格取得は、なんといってもまず、趣味として楽しめると...