電気主任技術者(電験三種)の難易度・年収・取得までの期間は!?

おすすめ資格「電気主任技術者」

ビジネス系

不況に強い電気主任技術者の資格で備える

おすすめ資格!電気主任技術者とは?

電気主任技術者ってどんな資格?

電気主任技術者(電験三種)は、工場やビル、発電所、変電所などの受電設備や配線などで必ず必要とされる業務独占資格です。これから将来性の見込める「新しい発電エネルギー」への取り組みや、実務経験を積めば独立開業も目指せる、この先、必要性がますます高まる国家資格です。

会社によっては電気主任技術者に選任されることで、資格手当てが支給されることもあります。太陽光などで広がる発電業やビルメンテナンス業では、電気主任技術者の確保が必須で、需要のとても高い資格です。

そのため定年後にも活躍している方が多い資格のひとつでもあり、もちろん就職・転職にも有利になる資格です。

電気主任技術者の難易度と特長

電気主任技術者の特長

  • 電気主任技術者は収入アップの他、定年後も職のある安定した国家資格です!
  • 一生使える資格を目指す方におすすめの資格です。
  • 電気保安関連技術者として独立開業を目指すこともできます。

電気主任技術者の難易度

資格 電気主任技術者
難易度 4 / 10
資格取得の難易度資格取得の難易度資格取得の難易度資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 6ヶ月
費用目安 3.3万円
合格率 9%
認定機関 国家資格
>> 無料資料請求 <<

電気主任技術者の仕事内容って?

不況に強い資格!電気主任技術者の業務内容は?

電気主任技術者は発電所や変電所だけでなく、工場やビルなどに設置が必要な電気設備の保守・監督を行う、電気のスペシャリストで、電気事業法で定められている「国家資格」です。

電気設備の保安・監督は、電気主任技術者の「独占業務」と法律で定められているのは、正確な方法で電気設備を運用できないと、保有のビルが周囲の地域を停電させてしまう原因になることさえあるためです。

国家試験を合格した「電気のプロフェッショナル」である電気主任技術者だけが、電気設備を運用できると法律で定められており、常に必要とされる求人がある、需要の高い資格です。

電気主任技術者の資格を取得すると?

電気主任技術者の資格を持っている方が活躍出来る場所は、現在もどんどん増えており、今後も増加することが予想されています。

電気は様々な設備の動力や照明、情報通信のインフラの基盤として幅広く利用されていることはご存知かと思います。その全てが電気主任技術者を必要としています。

さらに、オール電化住宅の普及・爆発的に増加する情報通信量にともなったデータセンターの増加・太陽光によるメガソーラー発電など再生可能エネルギーによる発電設備も大きく増加傾向にあり、これらも電気主任技術者の需要が増加傾向にある背景です。

電気主任技術者の資格取得のための学習

電気主任技術者の資格取得の学習にかかる期間

  • 約6ヶ月程度

電気主任技術者の資格取得の学習にかかる費用

  • 約33,000円程度

電気主任技術者の資格を取得した就職・転職って?

電気主任技術者の資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • ビル管理会社
  • 電気工事会社
  • 各種電力会社
  • 電気機器製造会社
  • 建設会社、など

電気主任技術者の年収

電気主任技術者の平均年収は400~530万円です。

電気主任技術者に関する参考リンク