建築模型づくりを在宅ワーク・副業に!資格取得で不況に備えるには?

建築模型の資格在宅受験できる資格

在宅ワーク・副業系

不況に強い建築模型の資格で備える

おすすめ資格!建築模型とは?

建築模型ってどんな資格?

在宅ワーク・副業で高い人気の建築模型製作。住宅・施設などの建築を計画する際、説明や検討のために実際の図面に即して作る立体的な模型が建築模型です。手先の器用な人が在宅ワーク・副業を検討するときにはチェックしたいスキルです。

建築模型をつくるのに資格は必要ありませんが、製作スキルや基本的な知識を持っていることの証明として「実践建築模型認定試験1級(日本デザインプランナー協会)」「建築模型技工士インストラクター資格(日本インストラクター技術協会)」などがあります。

建築模型の難易度と特長

建築模型の特長

  • 高単価な在宅ワークが受注できる。
  • さまざまな住宅・施設の造りを見れて楽しみながら取り組める。
  • 地道にコツコツと作業することが好きな人におすすめ!

建築模型の難易度

主な資格実践建築模型認定試験1級資格
難易度1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安6ヶ月(最短2ヶ月)
費用目安6万円
試験在宅受験
認定機関日本デザインプランナー協会(JDP)
>> もっと詳しく <<

建築模型の仕事内容って?

不況に強い資格!建築模型の業務内容は?

資格を取得することで、設計者の意図を分かりやすく伝える建築模型の製作技術、建築模型の製作者としてのスキル、実践の場で通用する製作技術を持っていることを証明できます。

在宅ワーク・副業として収入を得るためには建築関係のマッチングサイトや内職紹介サイトなどの活用もありますが、設計事務所・ハウスメーカー・工務店・住宅販売会社などへの営業も大切で、その際に技術の証明として資格を持っている方が有利です。

建築模型の資格を取得すると?

建築模型製作は、依頼される建築の規模によって1件あたり数千円~数万円程度の高単価で受注することができます。

集中した作業や細かな作業が好きな方、手先が器用な方におすすめのスキル・資格です。

建築模型の資格を取得した就職・転職って?

建築模型の資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • フリーランス
  • 在宅ワーク・副業
  • 設計事務所
  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 住宅販売会社

建築模型の年収

建築模型製作で企業に就職する場合、ほかの業務との兼務で月給20万円前後となるのが一般的で、年収では300~400万円程度になります。ただし、建築模型は大規模なものになると単価が高くなるため、チームで製作作業を行うような企業ではより高い収入となることもあります。

個人で在宅ワークや副業・フリーランスとして建築模型製作を行う場合には、単価は規模によって数千円~数万円程度です。

しっかりと独立を図ることを目標にするのであれば、設計事務所などに就職して技術を磨いて人脈も築いてからの方が良いでしょう。コツコツと副収入として建築模型に取り組まれるのであれば、通信講座で技術を身に付けてから設計事務所・ハウスメーカーなどクライアントを地道に探すことがおすすめです。

建築模型の資格取得のための学習

建築模型の資格取得の学習にかかる期間

  • 6ヶ月程度。最短で2ヶ月程度。

建築模型の資格取得の学習にかかる費用

  • 6万円程度から。
不況に強い資格・スキルを未経験でも短期間で取得!おすすめ35選
不況に強い資格・スキルを一覧でご紹介します。新型コロナのためにコロナ不況と呼ばれる不況の到来が確実視されています。需要の高い資格・スキルを習得して、不況に備えると安心できます。

 

タイトルとURLをコピーしました