Webデザインの習い事で社会人のスキルアップ!将来性・費用・期間は?

Webデザインでスキルアップ

社会人におすすめのスキルアップとして、Webデザインがあります。今後ますます必要とされ、仕事に活かしやすいスキルのひとつです。習い事としてのWebデザインの概要や、将来性・費用・期間について、ご紹介します。

Webデザインの習い事でスキルアップ!

Webデザインでスキルアップ

習い事で得られるスキルアップの概要

Webデザインは、Webサイトのレイアウト・色合い・装飾などをデザインするスキルです。「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトの操作を身に付け、Webデザインのセオリーを学ぶことで、美しくて見やすく、使いやすいWebサイトのデザインを身に付けます。

Webデザイナーとして仕事にすることを考えたときに、必須の資格はありませんが、「ウェブデザイン技能検定」「Webクリエイター能力認定試験」「HTML5プロフェッショナル認定資格」などの資格を取得すると、スキルや知識をアピールすることができます。

Webデザインのスキルとしての将来性は?

Web業界は拡大の一途で、それにあわせてWebデザインのニーズも高まっています。

フリーランスや主婦といった方で、在宅で活動しているWEBデザイナーもいるなど、自由度の高い働き方につながるスキルアップが図れます。

また、Webデザインに合せて、ホームページ制作に必要なプログラミング(HTML、CSS、PHP、JavaScriptなど)を身に付けたり、WEBサイト内の文章を書くライティングのスキルも身に付ければ、さらに重宝されることの多いスキルです。

習い事のスタイルと費用の目安

Webデザインは独学で身に付けることもできますが、初心者はどこから手をつければいいか分からない場合も多く、スクールを受講する方が確実にスキルアップが図れます。

目指すレベルにもよりますが、おおむね3ヶ月で20万円程度~6ヶ月で30万円程度と幅があります。

そこまで高いレベルを求めない趣味レベルから始めるなら、スキルシェアサイトで教わったり、動画レッスンを受講して、フリーランスとして独立できるようなレベルに意欲が湧いたらスクールを受講するという道もあります。

スキルアップが実感できるまでの期間

未経験の初心者の状態から、フリーランスとして独立するレベルまでのスキルアップを図るなら、スクールを受講しつつ6ヶ月程度を見安にするのがオススメです。

無料体験・無料カウンセリングからはじめる!

オンライン受講

Webデザインを習い始める前に、プログラミング・スクールの無料体験無料カウンセリングを活用してみるのが便利です。

自分の知っている知識などの状況から、今後、どのように学んでいくのが効果的かアドバイスしてくれます。

Webデザインに関する情報は、ネット上にもあふれていて簡単に触れることが出来ますが、学んでいく順番を間違うと、余計な回り道をしてしまうことが多いからです。

そして、回り道をしている間に挫折してしまうのです。

そんなことになっては、もったいないので、はじめるときはまず、せっかくの無料体験・無料カウンセリングを活用するのが、Webデザインを学ぶ際には特におすすめです。

しかも、オンラインタイプのスクールの無料体験・無料カウンセリングだと、自宅にいるまま受けられて、とっても便利です!

無料体験から!オンラインで完結のプログラミングスクール『TechAcademy』(テックアカデミー)

無料体験から!TechAcademy
名称 自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】
無料体験 あり
料金 99,000円~
受講携帯 オンライン完結
メンター 現役のプロ
パーソナルメンター あり
転職サポート あり

第13回 日本e-Learning大賞・プログラミング教育特別部門賞

おすすめポイント!

  • 最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクール
  • どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学べる
  • 過去にプログラミングやWebデザインを勉強して挫折した方でもマンツーマンサポートで成長
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
  • オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

まとめ:Webデザインでスキルアップするには

Webデザインでスキルアップを図る際に気になる、費用や期間、将来性についてご紹介しました。

波乱含みの経済情勢の中、転職や就職を考えないといけない場面になってしまったときでも、Webデザインのスキルが身に付いていると、選択の幅が広がります

オンラインスクールの無料体験だけでも受講しておくと、いざ始めようというときにも感覚が分かって役立ちます。

ぜひWebデザインでスキルアップにチャレンジしてみてください!