不況に強い資格!二級ボイラー技士の難易度・年収・仕事内容は!?

おすすめ資格「二級ボイラー技士」

ビジネス系

不況に強い二級ボイラー技士の資格で備える

おすすめ資格!二級ボイラー技士とは?

二級ボイラー技士ってどんな資格?

ボイラー技士は国家資格で、資格を持っていないと業務自体を行えないため、比較的安定して職に就ける資格です。

二級ボイラー技士は事務所等で蒸気ボイラーおよび温水ボイラーを取り扱うのに必要な資格です。製造設備や暖冷房、給湯用のエネルギー源として、ごく一般的に設置されているボイラーを取り扱う重要な役割を担います。

二級ボイラー技士の難易度と特長

二級ボイラー技士の特長

  • 法律で設置が義務づけられた施設が多く、安定的に求人がある資格・職種。
  • 二級ボイラー技士は国家資格だが、受験資格がなく未経験からでもチャレンジできる。
  • 工場・ホテル・病院・大型商業施設などボイラーを使用している施設は幅広く求人を出している。

二級ボイラー技士の難易度

資格 二級ボイラー技士
難易度 1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 4ヶ月
費用目安 2.3万円
合格率 60%
認定機関 国家資格
>> 無料資料請求 <<

二級ボイラー技士の仕事内容って?

不況に強い資格!二級ボイラー技士の業務内容は?

ボイラー技士の平均的な年収は約400万円前後と高水準で、工場が一般的な就職・転職先ですが、その他、病院やホテル、ビル管理会社などでも、ボイラー技士は必要とされます。

ボイラーは普段の生活ではあまり意識することがありませんが、多くの施設で活用されている設備で、工場やビルなどの空調や、温水の供給に欠かせません。

ボイラーは高温を発しながら稼働するため正しい方法で使わないと重大な事故につながる可能性があり、ボイラーの取扱いには「ボイラー技士」の国家資格が必要となっています。

二級ボイラー技士の資格を取得すると?

多くの大型商業施設やオフィスビルでは、空調管理や温水にボイラーが使われています。そのため、ビル管理会社がボイラー技士の求人を多く出しており、また建設現場や、ホテル、病院などもボイラー技士の選任が必要な施設が多くあります。

空調や温水の供給などで欠かせないボイラーは正しい方法で安全に使うことが求められます。そのため、ボイラー技士は今後も求められ続ける資格・仕事のひとつとして、就職・転職に役立てることができます。

二級ボイラー技士の資格取得のための学習

二級ボイラー技士の資格取得の学習にかかる期間

  • 約4ヶ月。
  • 二級ボイラー技士の資格取得の学習にかかる費用

  • 約23,000円程度。
  • 二級ボイラー技士の資格を取得した就職・転職って?

    二級ボイラー技士の資格を活かした就職・転職が出来る業種・業界・施設・仕事

  • 各種工場
  • ビル管理会社
  • 商業施設
  • ホテル
  • 病院
  • 二級ボイラー技士の年収

    ボイラー技士の平均年収は約400万円。

    二級ボイラー技士に関する参考リンク