遺品整理士とは?資格取得の難易度・年収・仕事内容、資料請求は?

おすすめ資格「遺品整理士」

ビジネス系

不況に強い遺品整理士の資格で備える

おすすめ資格!遺品整理士とは?

遺品整理士ってどんな資格?

遺品整理士は、高齢化社会・核家族化・独居老人の孤立死といった社会背景の中で、のこされた遺族が「思いのこもった遺品」を整理する専門家として、需要が高まっています。

故人の大切な遺品を扱う業務のため、遺族と相談し要望を確認しながら進めてくれる、専門性や信頼性の高い方に頼みたいというニーズに応えるために生まれた資格です。

遺品整理士の難易度と特長

遺品整理士の特長

  • 自宅学習、在宅受験で資格取得ができる。
  • これから成長産業のひとつとして他業界からの参入も多い「遺品整理」の専門知識が身に付く。
  • 自分や家族の遺品整理に関する法的な知識やノウハウを身に付け、役立てることが出来る。

遺品整理士の難易度

資格 遺品整理士
難易度 1 / 10
資格取得の難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度難易度
期間目安 2ヶ月
費用目安 2.5万円
試験 在宅受験
認定機関 一般社団法人 遺品整理士認定協会
>> 無料資料請求 <<

遺品整理士の仕事内容って?

不況に強い資格!遺品整理士の業務内容は?

遺品整理は、これまで遺族が行うことが一般的でした。ですが、現代のライフスタイルでは時間も人手も足りておらず、亡くなった方のお部屋の清掃、遺品の片付け、不用品の正しい処分や回収を、遺族に代わって行うことが「遺品整理士」の主な仕事内容です。

遺品整理は単なる清掃業・不用品回収業とは異なり、故人や遺族の思いを尊重しながら進められる、高い信頼性と専門性が必要とされます。

実際の仕事内容としては大きく4つに分けられ「遺品の仕分け」「不用品の処分」「供養」「それ以外の遺品整理」が、遺品整理士の仕事になります。

それぞれの実務内容について学び、活かせる資格が「遺品整理士」です。

遺品整理士の資格を取得すると?

遺品整理業界は今後も確実に需要が高まり続け、今後20年の間は確実に収益を上げることの出来る職種・業種として、とても注目を浴びています。

ただ、将来性を見込んだ異業種からの参入も多い反面、その専門性や信頼性を確保できず撤退していく企業が多いのも事実です。

そのため、遺品整理に関するノウハウや法令などを体系的に学んだ「遺品整理士」へのニーズがとても高まっているのです。

また、医療・介護・福祉・葬祭などの各業界の企業においても、遺品整理に関する相談を受けることは多く、ファイナンシャルプランナーなどお金や法律に関わる資格と同様に、高齢化社会が進む中でとても必要とされるようになっています。

また、運送業界などでも遺品整理を新たな事業として取り組み始める企業が増えており、「遺品整理士」の資格を就職・転職に活かしたりキャリアアップに活かしたりされる方が増えています。

遺品整理士の資格取得のための学習

遺品整理士の資格取得の学習にかかる期間

  • 2ヶ月程度。
  • 遺品整理士の資格取得の学習にかかる費用

  • 25,000円程度。
  • 遺品整理士の資格を取得した就職・転職って?

    遺品整理士の年収

    遺品整理士の年収は約400万円~800万円です。

    遺品整理は家一軒まるごと分など、大型案件が多く発生し費用は多額になる傾向があります。仕事内容は大変な場合もありますが儲かる職種のひとつです。

    また、あまりやりたがらない方が多い業界とも言え、需要と供給のバランスから今後も収入の大きな職種である状態が続くと見込まれます。

    遺品整理士に関する参考リンク